さあ、おはなしが始まるよ!

だれだって、しあわせに生きたいよね。でも、くるしいこともたくさんある。そんなときには、ゆうきをあたえてくれる物語があるんだよ。
世界は、おもしろいおはなしであふれている。
何百年、何千年と、人間はおはなしを語ってきたんだ。文字のない時代や、みんなが本を読めるわけではなかった時代、もちろん、テレビやえいがもなかった時代、それでも人間は物語を楽しんできた。
どうやって?
そう、口で語り耳で聞いて楽しんできたんだ。おもしろいおはなしは、人から人へと口づたえでつたわったんだよ。それが、昔話だ。
昔話は、昔の人からのおくり物だ。
そんな昔話を、きみも聞いてみない?


をタッチして、おはなしをさがそう。

 ちいきでさがす

 ないようでさがす


 

語りを聞いておもしろいと思ったら、こんどはあなたがだれかに語って聞かせるんだよ。
 
文字ができて、みんなが読めるようになったら、物語を本にする人たちがあらわれた。おもしろい物語は、なんども本になり、世界じゅうのことばで書かれるようになった。そんなおはなしもしょうかいするよ。

 作者や本の名前でさがす


今週、新しくUPしたおはなしだよ。どのページににあるかさがしてね。
おはなしは、毎週増やしていくよ。


 

 

大人のかたへ ーこのサイトについてー
おはなしひろばは、子どもたちが昔話や創作童話を聞くことを目的にしています。子どもの心を持った、おはなしが好きな大人のかたたちにも楽しんでいただけると嬉しいです。
ここで紹介している昔話は、種々の古い資料から、ストーリーはそのままで、より聞きやすいことばに再話しています。
創作児童文学は、青空文庫などを定本にしています。
アンデルセンやイソップはもとの話を変えないで再話しています。
語り手は、関西出身なので、北海道から沖縄のはなしまで全て関西アクセントで語っています。ドイツやインドネシアの昔話など世界じゅうのはなしを日本語で語っているように。
おはなしひろばが、いろり端のように、素朴な語りの場になることを目指しています。
お気に召しましたら、どうぞ、子どもたちに薦めてくださいませ。